猫との日常

糖尿病の診断を受けて約1か月のみゃー

a0223996_10394031.jpg
あまり、いい知らせではありません・・。
みゃーちゃんは頑張ってますが・・

治療を今日からやめることにしました・・。

先週・・1週間ごとに通院しているのですが・・
まだ、この時は小康状態だった・・

ご飯も少ししか食べないが、美味しい猫パウチならまだ食べる・・
少しだが。。

お盆前に体調が再び悪化・・。
痩せてしまってから体重がほとんど増えてない現実があった・・。

とにかく、もう一度入院しましょうと。。

旅行の予定もあったので、、(1号(長男)2号(長女)が帰ってくるので、毎年、まぁあたしの自己満足の長距離ドライブに付き合ってもらってる( ̄▽ ̄;)

今年はどうしようと思っていたが、旅行の間、病院で治療しながら預かってあげると言っていただいた・・

他の子はペットシッターさんに来てもらい、今朝、船で愛媛から帰宅した・・。

船が、大阪南港につくなり、病院から電話・・。

すぐに、病院へ行く。。

点滴が無ければ、生きられないと。。
自力で食べることが出来なくなった・・。
水は少し飲むが、しばらくしたら全部吐いてしまう・・
ご飯も同じだ・・・
チューブの栄養食でさえ、しばらくしたら吐いてしまうそうだ・・

もう、どうすることもできないという説明を受けた・・。

このまま、病院で治療を続けても助かる見込みはないとのこと・・

素人のあたしの見た目でもわかる・・
目はほとんど見えていないらしい・・
体重も、3キロをきってしまった・・

大型の茶トラが3キロ切るなんて・・
もう注射をするとこもないくらい痩せてしまってる・・。

家に連れて帰ることにした・・

あと何日、一緒にいられるかわからないが・・

点滴の輸液をもらって、栄養剤のようなチューブのものと、、

今、みゃーは家にいえる。。

でも、まだトイレにはよろよろだが自分で行く。。

なんで、少しやせてきたな・・・と思ったときに病院へ行かなかったんだろう・・

あたしは相変わらずあほやな。。

前もこんなことがあったな・・

同じことしてる・・。先代みーとミューの時はもう突然わけのわからない感染症になって、
今は元気な小鉄にも感染した。。3匹同時に入院した・・
小鉄は退院したが・・
みゃーだけは何事もなく無事だったのだ。。

2006年8月3日・・。
宇治川のダムから連れてっ帰ってきたみゃー

まだ、7歳じゃないか・・

まだまだ。。一緒にいたい・・

一緒にまた旅行に行きたい・・。

あれだけ健康優良児のみゃーだったのに・・
[PR]
by yoidoremi-yan | 2013-08-16 09:27 | みゃーとの闘病記
<< 今日のみゃー サイレンススズカ・・ >>



猫が好き!猫11匹と暮らしてます。年長の猫が糖尿病になてしまい・・その闘病記になると思われる
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31